読書で自己啓発

働いている職場の人間関係で悩んでいて、ストレスをため込まないようになる為に、相手の言動に反応せずに受け流す力「スルースキル」をどうしても身につけたいなと思うようになりました。

今はネットや本で調べて情報収集していくうちに、自分も職場で何とか活かせるようになりたいと思いました。

知恵袋などで検索をしていると、自分とまったく同じような状況、悩みを抱えて投稿している人がとても多いことを知りました。

陰口や嫌味、文句をひたすら言う人、周りの人には分からないようないじめや嫌がらせをする人、自分がリーダーになってグループ(派閥)を作り、気に入らない人を排除する人など、共通点は多いです。

その他のまとめサイトなどを読んでみると、そのような人たちに対して出来ることは信頼関係の構築ではなかったことが以外でした。

知恵袋のコメントもまとめサイトなども、感情的に反応してトラブルになるのを避けること、距離を置くことのほうが対策のメインとなっていました。

その中で圧倒的に多かったのが、受け流す力が必須だという意見でした。

私は職場の人から受け続けた陰湿な嫌がらせに対して、受け流していたつもりだったけれど、実際は受け流していたのではなく、感情を抑え込んで「我慢していた」だけだったことに気づきました。

しかし、気づいたときには心が我慢の限界に達していて、職場で感情的にあらわになってしまっていました。

我慢をすることと受け流すことはまったく違うのだと知りました。

職場でのストレスを減らすためには、受け流す力が必須だということを知ったので、次は受けながす力、スルースキルというのは具体的にどのようなものなのかを理解したいと思いました。

まだ情報を調べて集めている段階なのであいまいな感覚だけど、受け流す力というのは、「相手に対する従来の捉え方を大きく変えること」で、感情的な反応を減らすことなのかなと思うようになりました。

まだ経過途中ではあるけれど、そんな悩みの解決に向けてスルースキルを学ぶことにはまっている最中です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です